コンシダーマル被害 シミ

くすみについて

くすみは主観的な要素が強いので人によってもその状態にいくつか異なる物のようです。

くすみが出来る状態の一つとして古い角質が貯まって角質が厚くなった時。
この状態は角質層が剥がれず肌表面に残てしまた状態です。

 

ターンオーバーの機能が低下した時に出来やすいといわれています。
それで角質細胞自体がいくらか黒味かかっているので見た感じ灰色みたいに見えてしまいます。
二つ目は、乾燥によって肌の水分がなくなりバリヤ機能が低下しそれに対して角質が厚くなり見た目が肌が
くすんで見えてしまいます。

又血行不良や睡眠不足でも血流が悪くなり肌が曇って見えてしまうこともあります。
更に摩擦により炎症性色素沈着でもくすみにつながる事があります。
角質肥厚が原因の時はピーリングが効果的と云われています。

 

肌が乾燥しているとくすみが出やすいようです。
この現象は特に冬に多いですね

 

気温が下がると血行も悪くなるので代謝も悪くなり肌に栄養が行き届かなくなり乾燥しがちになります。
そんなときは保湿が一番です。
ヒアルロン酸やセラミド配合の化粧品を早く使えば肌が明るくなります。

 

どうしてもくすみが気になるのであれば朝はパックにすると良いようです。
パックは、肌を蜜閉して有効成分を肌内に押し込む効果がありいち早くくすみに対処出来ます。

 

血行不良のくすみにはマッサージが適しています。
血行が悪くなると酸素不足となり血液の色が暗くなりくすんで見えるようになります。

 

ですからくすみの改善方法は血行を良くするマッサージが最も効果的です。
マッサージする時は肌をこすることなく行うことが重要です。

 

適度な運動も血行を良くするので行うと良いですね。