コンシダーマル被害 シミ

コンシダーマルスキンライズローションについて

コンシダーマルスキンライズローションの主な作用は以下の通りです。

コンシダーマルスキンライズローションは、くすみ・乾燥肌・毛穴・乾燥による小じわに特化した化粧品です。

ですから貴方は,このコンンシダーマルスキンローションで乾燥肌くすみ毛穴小じわに悩む事が無いようにシッカリとしたスキンケアをすれば良い訳です。
コンシダーマルはそのような化粧品です。

 

それでね、貴方にお伝えしないといけない事があります。

コンシダーマルは、シミには効果が無いと言う事です。

乾燥肌専用の化粧品なのです。


ラメラテクノロジーの洗堀者的存在の皮膚薬理研究所との共同研究開発された化粧品です。
そしてラメラ構造配合の化粧品として世界的にも注目されている製品です。

 

皮膚薬理研究所は調べてみると沢山の化粧品の研究開発をシッカリ行てこられた事が解ります。
こちらの会社の概要

大手化粧品メーカーで長年化粧品の開発、薬事、分析などを専門としてきた研究者が集まって出来た会社です。
化粧品は薬とは違い、毎日使う物だから第一に安全でなければならないと考えています。
さらに、心地よく使えるように使用感を大事にしてます

如何ですか?会社の理念も高いものであることが解りますね。

 

なんと云ってもラメラテクノロジーは世界特許です。

テクラテクノロジーとは

ラメラ構造(細胞間脂質類似構造)の製品開発を可能にした乳化技術のことです。

 

東邦大学医学部皮膚科において、平成16年1月から平成16年4月の4ヶ月間に実施した。
クリーム(ラメラ構造)を用いて臨床評価を行なった。
最終効果が示す通り、ラメラ構造製剤の保湿効果は皮膚科医のテストで十分に確認された。

出展 http://hryk.co.jp/technology.html#lamellar

上記の図を参考にしてくださいね。
コンシダーマルはラメラ構造を配合しているので保湿力がとっても飛びぬけていることが解ると思います。
ですから乾燥肌で悩む方には、有難い化粧品と言えると思います。

 

  • 浸透力が良くて潤いが長く続く 
  • それも時間が経過するほど潤い力が増える。
  • 薬剤の経皮吸収度が従来品の約2倍!
  • 【特許】PF可溶化技術
  • 出展 http://hryk.co.jp/technology.html#lamellar

本当にコンシダーマルのキャチコピーそのものって云うのが解りますね。
保湿力が従来のクリームより断然良くてそれでいてべた付かない。
ラメラ構造の力そのものです。

 

そんなコンシダーマルですけど成分は以下の通りです。

水、BG、グリセリン、シクロヘキサシロキサン、ベタイン、DPG、トレハロース、ステアリン酸グリセリル(SE)、プラセンタエキス、サッカロミセス/(黒/プラセンタエキス)発酵液、ヒトオリゴペプチド-1、セラミドNG、セラミドNP、スクワラン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、PCA−Na、乳酸Na、クエン酸、クエン酸Na、塩化Mg、塩化Ca、シア脂、ホホバ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、ベヘン酸、ラウロイルサルコシンイソプロピル、ステアリルアルコール、ベヘネス−30、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10−30)クロスポリマー、PPG−6デシルテトラデセス−30、メタリン酸Na、シクロペンタシロキサン、トコフェロール、ステアロイルグルタミン酸2Na、ビサボロール、ポリ-ε-リシン、マンニトール