コンシダーマル被害 シミ

シミが出来る原因は紫外線のようです。

シミが出来る原因は紫外線のようでした。

ですから春か夏までは紫外線が強いのでシミ対策をする事が大切ですね
紫外線が表面細胞に当たると肌の内部を守ろうとして表皮細胞からエンドセリンの情報伝達物質が分泌されてシミの元であるメラニンサイトにメラミンを作るように指令を出します。それがシミとなります。
それでターンオーバーの周期も遅れる年齢になるとメラニン色素が肌に残ってしまうのでシミが出来る原因の一つとなります。
ですからなるべく紫外線を直に浴びない生活や環境が大事ですね。

 

家から外に出るときにはシッカリUVカットの製品を肌に塗ることで紫外線から肌を守る事が出来ます。
紫外線は、家にいても窓ガラスから侵入してくるので注意が必要です。

 

普段の食事からシミが出来にくい食材を食べる事で予防もできます
一番親しまれている有効成分はビタミンCであることは貴方も良くご存じの通りです。

 

普段食べる食材から効率よく体内に取り入れる事が出来たら理想的ですね。

 

ビタミンCはメラニン色素の沈着を防ぎ、出来たメラニン色素を還元してシミを薄くする作用があるようです。
ですから美白ビタミンとも言われています。

 

ビタミンCは体内に蓄積することが出来ません。
そんな訳で1日数回に分けて摂取する事が必要になります。
またビタミンAは、シミを体外に排出する作用があります。
シミにもいろいろな種類があるようです。

シミの種類数

老人性色素班

シミの中でも一番多いタイプのシミ 別名日光性黒子とも呼ばれます。
ごく初期の段階では美白化粧品でも効果が期待できます。
でも出来上がってしまったものは化粧品では、消すことはできません。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

シミからさらにイボのように盛り上がってしまったもの。
皮膚の形態自体が変化してしまったものなので化粧品では消すことが出来ません。

雀卵斑(そばかす) 一般的には、小さいシミの事をそばかすと呼んでいます。

白人に多くみられます。日本人でも比較的に多いようです。

炎症性色素沈着 ニキビ後や傷跡茶色くなりシミになって残ったもの。

美白化粧品でも有効なタイプのシミ

肝斑(かんぱん) 女性ホルモンのバランスが崩れた時に出来るシミ

左右対称になることが多いタイプです。
美白化粧品でも有効です。

花弁状色素班(かべんじょうしきそはん) 海や山などで急激に日焼けをして出来た小さなシミ。

美白化粧品では、ほとんど効果が期待できません。

ビタミンAとビタミンCが豊富な食材は以下の通りです。

参考にしてくださいね。

 

ビタミンA ビタミンC
鳥レバー・うなぎ・モロヘイヤ・人参・春菊・ほうれんそう・かぼちゃ

にら・小松菜・菜の花・チンゲン菜・ブロコリー・にんにくの芽

赤パプリカ・黄パプリカ・菜の花・ブロコリー・カブの葉・カリフラワー・ゴーヤ・ピーマン・ネギ・キウイ・イチゴ・さやえんどう・パパイア

キャベツ・ジャガイモ・トマト

更に肌をきれいにしたいのであれば運動や睡眠も大切な事のようです。
体を動かすことで体内の血の巡りも良くなり新陳代謝も良くなります

 

そして大切な事は睡眠時間をシッカリ取り肌に休息を与えることも大切です。
大切な事は同じ時間に寝て同じ時間に起きる規則正しい生活環境が必要にようです。